昨日10:30より行われた「安倍政権の雇用破壊に反対する共同アクション」主催の厚生労働省前集会に行ってきました。

当日11:00から派遣法改正(悪)に向けた労政審がもたれ最後の取りまとめが行われました。内容はメディアで報告されている通り、これまでの3年制限を撤廃し人を入れ替えれば(個人上限3年)無期限に派遣労働が可能、すべての業務で派遣期間の制限を撤廃する等々、経営者の要望に全面的に応じたと言っても過言ではないものです。

常用代替禁止を全面的に否定する改悪案であり、派遣で働かざるを得ない労働者にとって何一つ役立たないものです。

集会参加の様々な団体から反対・抗議の発言が続きました。MICの新聞労連日比野委員長は『仕事柄全国を巡る。地方に行った時は必ず地元の方に「今、誰が金持ちですか?」と聞いてみる。昔はお医者さんとかが多かったが、今出てくる名前は派遣会社の経営者がほとんどです』と報告されていました。

労政審の取りまとめを基に4月には国会で議論され、来年4月からの施行が濃厚となりました。

共同アクションは全労協、全労連、全港湾、MIC(日本マスコミ文化情報労組会議)、航空連他ナショナルセンターの枠を超え多くの労働組合が結集し、昨年10月に結成されました。

発足以来労政審開催日には必ず厚労省前で集会をもち、派遣法改悪、労働分野における規制緩和反対の行動に取り組んでいます。今後舞台を厚労省前から国会前に移し、さらに強化した運動に取り組むことが求められています。

安倍政権は、派遣法改悪を皮切りに、ホワイトカラーエグゼンプション(過労死法案)の導入、解雇規制の撤廃へと突き進もうとしています。

今春闘では「打倒・安倍政権!」を掲げた闘いに積極的に取り組んでいきたいと思います。

2014.01.29厚労省前

2014.01.29厚労省2014.01.29厚労省2014.01.29厚労省



 
コメント
コメントする